環境美術館
星空
特定非営利活動法人
JGK埼玉グリーンプラ事務局
〒331-0054
さいたま市西区島根634番地
TEL:048-623-4063
FAX:048-622-4724
jgk@saitama-greenpla.org
グリーンケロックン
イメージキャラクター
「グリーンケロックン」

活動報告

事務局ニュース

彩の花プロジェクト[親子でてきる『生ゴミ堆肥化セット』の商品化が間近]

私たちJGK埼玉グリーンプラは、4月の定期総会で決まった方針に基づき、「堆肥化キット」を商品化するための実証テストを重ねてきました。地域循環型社会をめざす「彩の花プロジェクト」は、子供達の参加を重視しています。

今回の「堆肥化キット」も、一般家庭の親子で堆肥作りができるような商品を目指しています。5月から9月にかけて実証テストを進めてきました。

[木粉で堆肥化キットを商品化]

[木粉]による堆肥作りのテストには、6名の理事・会員が参加。堆肥作りでキーとなる「生ゴミの投入」と「温度管理」では、こんな推移が見られました。

温度は50度~60度が望ましいのですが、30度程度でも、生ゴミはおよそ分解して堆肥を作ることが出来ました。また、臭いが殆ど出ないことも検証されました。しかし、誰からも小バエが発生しました。 秋から春にかけても虫が発生するのか?そして、虫への対策をどれだけ具体的にできるのか?が大きな課題と言えそうです。

また、「木粉」製堆肥を、土に混入しないで野菜を育てたところ、見事に成長。 土のない一般家庭で、堆肥を植物栽培に使う場合、「木粉」堆肥が便利だと判断しました。

[プランターに転用できる木製容器]

 一般家庭で生ゴミから堆肥を作り、その堆肥で植物を栽培する場合、もうひとつ大きな要件は、堆肥作りの容器です。大きすぎては、狭い家には置けません。また、容器として使うための実用性や見栄えも求められます。また、堆肥が出来たらそのままプランターに転用できたら更に便利でしょう。

そこで、自然との調和も考えて、容器を木製にする事にしました。今、そのための最後の実証テストを続けています。県内の間伐材を使った木製容器の可能性も探りながら、コスト面を考慮してキットを商品化し、11月の「コラボさいたま」で「デビュー」する事を予定しています。そして皆さんこぞって、「コラボさいたま」にお越し下さい。

2009年10月 1日

 
↑このページの先頭へ
Copyright © JGK Saitama-Greenpla