環境美術館
星空
特定非営利活動法人
JGK埼玉グリーンプラ事務局
〒331-0054
さいたま市西区島根634番地
TEL:048-623-4063
FAX:048-622-4724
jgk@saitama-greenpla.org
グリーンケロックン
イメージキャラクター
「グリーンケロックン」

サトウキビ由来のバイオプラスチックについて

CO2削減効果2

バイオプラスチック

バイオプラスチックとは

当会では生分解性プラスチックとバイオマスプラスチックを総称して「バイオプラスチック」という名称を使用しています。

生分解性プラスチック

自然界の微生物により分解されるプラスチック。
使用後の廃プラスチックの処理方法としてコンポスト(堆肥)化処理やバイオガス処理(メタン発酵)等のバイオサイクルを選択することが出来る。
即ち、生ゴミなどの食品廃棄物と一緒に処理できるというメリットがある。

また、農林水産業におけるマルチフィルムや幼木保護ネットのように回収が困難な製品については、土中や水中などの自然環境中で生分解されて、最終的には二酸化炭素と水に還る。

バイオマスプラスチック

バイオマス(生物資源)を原料に生産されたプラスチック。
トウモロコシやサトウキビなどの植物性バイオマスは、大気中の二酸化炭素を吸収して光合成された作物なので、この作物を原料として生産されたバイオマスプラスチックについては、使用後の最終処理によって発生する二酸化炭素(温室効果ガス)はもともと大気中から吸収されたものなので、地球温暖化を助長することはない。
また、石油や石炭などの埋蔵量の限られている資源(枯渇資源)を主原料として使用していないので、これらの化石資源の節約に貢献する。


出所:日本プラスチック工業連盟

プラスチックの分類

プラスチックを、Input(原料由来)とOutput(廃棄時)の観点で見た場合、以下の通り分類できる。
世界的な石油資源使用抑制、温暖化ガス排出削減の流れから、各樹脂メーカーにおいて、原料の植物由来化研究開発が進む。
一方、日本において、生分解機能は、特定分野・地域を除いて、“+α的機能”となりつつある。(欧州では、依然、生分解機能ニーズが高い。)

  植物由来Bio-Based
=バイオマスプラスチック
石油由来 Fossil Resource
生分解
Biodegradable
「PLA」Nature Works、海生生物、帝人
「澱粉樹脂」ノバモト、日本コーンスターチ
「PHA」カネカ
「PBS」三菱化学、昭和電工
「PBAT」BASF
非分解
Non-biodegradable
「バイオポリエチレン」Braskmen、DOW
「PTT」Dupont
「PA」アルケマ
「ポリオール」三井化学
「MEG」India、Glycols
「PET」インドラマ、遠東紡
「ポリプロピレン」Braskmen、DOW
「ポリオフィレン」三井化学
「PC」三菱化学、帝人
「PA」東レ
「PET」三井化学

バイオポリエチレン(PE)のメリット

温暖化ガス削減効果

石油由来ポリエチレンのCO2排出量4.57kg-CO2/kg-PE(※1)に対し、GreenPEは、1.34kg-CO2/kg-PE(※2)。
100tonのご使用で、約322ton-CO2のCO2削減が可能となります。

  • ※1 経済産業省LCAデータ
  • ※2 Braskem試算(GreenPE焼却時のCO2排出量3.14kgは、サトウキビ育成段階に吸収しており、カーボンニュートラル。製造時~日本輸送にかかる1.35kgのみ。)
CO2削減効果
CO2削減効果2

スクイズボトルに使用する素材

カーボンニュートラルな素材です

カーボンニュートラル

サトウキビから生まれる植物由来の素材です。

CO2排出量比較 石化由来PE
1kg
バイオPE
1kg
製品廃棄焼却時 3.1kg 0kg ※
樹脂製造時 1.47kg 1.35kg
合計 4.57kg 1.35kg

※焼却時CO2排出量はサトウキビ育成時に吸収しているCO2と相殺され0kgとなります。

石油由来PEと全く同じ加工が可能です。

使用素材の詳細についてはこちら(PDF:95kb)

なぜサトウキビなのか

エネルギー収率が高い

エタノール生産に投入された化石燃料に対して、生産されたエタノールに含まれるエネルギー。
(エタノール1単位当たり)


食糧との競合が発生しにくい

バイオエタノールは、サトウキビからだけでなく、コーン、小麦、ビート、リグノセルロース系の原料からも生産可能です。
リグノセルロース系の原料については、将来、大変重要な原料となることが期待されていますが、現段階ではまだ研究段階にあり、サトウキビ由来のバイオエタノールは、下記の解決策として最も効果的で持続可能な方法と考えられています。

  • 発展途上国の貧困の低減
  • 化石燃料の代替燃料
  • 都市部の大気汚染、温暖化ガス排出の軽減

尚、GreenPEの原料となるバイオエタノールは、主にサトウキビの搾汁から砂糖を精製した残液部(糖蜜)を発酵して作られるため、食料(砂糖)との競合が発生しにくいといえます。

サトウキビ由来バイオポリエチレンの採用事例

2007年から全国チェーンストア初の「レジ袋無料配布中止」を一部店舗で開始した流通大手では、2008年3月に2012年度のCO2排出総量を2006年度比で185万トン削減することを目標に掲げることを発表しました。

その目標に向け、同年からレジ袋の改革に着手。2011年7月から一部店舗にて、サトウキビから砂糖を採取した後の残糖から製造されたバイオポリエチレンを主原料とした有料レジ袋を採用しています。
このレジ袋は、従来品に比べCO2を5割強削減。国内初の取り組みで、さらなるCO2削減を目指しています。

また、有料レジ袋の収益金は日本と地域の環境保全のために、それぞれ半分ずつ寄付する取り組みも進められています。


 

100%バイオプラスチックスクイズボトルへ

 
↑このページの先頭へ
Copyright © JGK Saitama-Greenpla